×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

CALENDAR

HOME»  野菜»  大分ジャンボ椎茸

大分ジャンボ椎茸



 
質、量とも日本一を自負する大分県の名産品である椎茸。
その中でもこのジャンボ椎茸は、手のひらサイズの大きさでいて肉厚、歯ごたえも良く、ジューシーで濃厚な味わいと香り。まさにジャンボ椎茸と呼ぶにふさわしい存在感です。
森の栄養をしっかりと蓄えた逸品。ステーキ用の椎茸は原木から生まれる椎茸の中でも木に力がある一番採りのみを使用しています。サイズは一般の椎茸の5倍近くあります。この貴重な肉厚ジャンボ椎茸を贅沢にお楽しみください。

ステーキハウスや鉄板焼きのお店では必須アイテムとしてご利用いただいております。
基本は6玉入り(300g)。他に8入もありますが、当然のことながら一個の大きさは小さくなります。

  • 大分ジャンボ椎茸

  • 販売価格

    1,404円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

    pc

カートに入れる(大)

  • 大分ジャンボ椎茸は菌床栽培。
    クヌギのおが等のチップに米ぬかなどを混ぜて作ったブロックを5ヶ月程、施設の中で温度や湿度に気を配りながらシイタケ菌を繁殖させて栽培する方法です。九重町で菌床栽培に取り組む坂本庸一郎さんを中心に生産〜出荷が行われています。

    菌床栽培では、得てして量産タイプで作りやすい品種に走りがちになるようですが、坂本さんは人と同じ事をしていてはダメとの信念から、作るのが難しい肉厚でボリウム感のある品種に取り組み、現在では「ステーキ用生椎茸」として東京へそして全国的にその評判を得てきました。

    この肉厚な感じは普通の椎茸では味わえない。
    そのまま一枚丸ごといただいて見てください

     
    ジャンボ椎茸竜田揚げ
    ▲ジャンボ椎茸の竜田揚げ

     
    お肉の代わりのような揚げ物?もよいかもと思い、竜田揚げをやってみました。
    軽く酒・みりん・醤油で下味をつけ片栗粉をつけ、揚げただけですが、言うまでもなく油との相性も抜群。
    食べ応えも良くて一瞬お肉?と思うようなボリュームでお腹いっぱいになりました。
    ジャンボ椎茸ステーキ
    ▲ジャンボ椎茸のステーキ

     
    シンプルに焼いて味付けもシンプルにバター醤油にしてみましたが、素材の持つ力だけで十分。。
    大きいから大味なんてことはなく旨味溢れる文句なしの美味しさでした。
     
    下仁田ネギも同じ感じで、焼いてもクタクタにならず、それでいてとろっとした感じと甘さが、たまらなく美味しかったです。

関連商品