×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

CALENDAR

HOME»  野菜»  今が旬!ヨロ研野菜セット

今が旬!ヨロ研野菜セット

ヨロ研セット
▲ヨーロッパ野菜研究所@埼玉岩槻

IGSはヨーロッパ野菜研究所、通称『ヨロ研』の代理店でもあります。
毎日埼玉から直送されてくるとれたてのヨーロッパ野菜を、その日の一番のオススメの美味しいところをお任せでまとめてお送りいたします。
今では全国各地でこうした洋野菜の生産は増えてきましたが、ここまでまとまって色々な専門的野菜ができているのは種苗業者さんとのコラボにもよるのですが、積極的に商品開発をして急成長している『ヨロ研』。若い生産者さんたちの農業に取り組む姿勢が伝わって、活き活きとした野菜が育ってきています。ぜひそんなヨロ研野菜をお試しください。

 
埼玉ヨーロッパ野菜研究所
▲ ヨロ研生産者メンバのみなさん

NEW

  • 今が旬!ヨロ研野菜セット

  • 販売価格

    3,240円(税込)

  • 在庫

    10set

  • 購入数

    set

カートに入れる(大)

  • カステルフランコ
    ▲サボイキャベツ・カステルフランコなど
    ヨロ研トレビスチーマ
    ▲トレビス・トレビーソ・チーマディラーパ
  • プンタレッラのサラダ
    ▲プンタレッラとトレビーソのサラダ

    プンタレッラ」って今まで見たことも聞いたこともない野菜でして、調べてみるとアンチョビのドレッシングでいただくのがスタンダードのようでしたので、そのようにしてみました。
    それだけでは寂しかったので、色合いにトレビーゾを加えて。

    実食…、なんだかやみつきになり、止まらなくて、めちゃくちゃ美味しい!
    一見難しそうな様子をしたお野菜ですが、これからの活躍が期待されるところです♪
    カステルフランコのサラダ
    ▲カステルフランコと発芽大豆ミックスのサラダ

    カステルフランコと発芽大豆のミックス、そしてハムでコールスローにしてみました。
    バゲットにのせてオープンサンドにしたものも作ってみました。

    リーフ系のものの中では、カステルフランコは優しい歯触りで、かと言って、しなっとすることもなく、コールスローのようにドレッシングで和えてしまっても大丈夫で、こんな使い方もとても合っています。
    かーボロネロのキッシュ
    ▲カーボロネロのキッシュ

    カーボロネロは先に炒め、その後キッシュの生地と合わせてまたオーブンで焼きましたが、普通のキャベツのようにクタクタしない存在感、それがキッシュの生地ともよく合っています。
    カーボロネロは蒸したり、茹でたりももちろんですが、焼いたり炒めたりにもとても美味しくいただけます。
    200g入
    ビーツのマリネ
    ▲キオッジャとイエロービーツのマリネ

    イエロービーツ、キオッジヤ、サラダビーツも合わせ、3種類のビーツを軽く焼いてバルサミコのソースで和え、ルッコラを周りに盛り付けました。
    ほんのり温かなビーツとルッコラの相性も良く、心もほんわか温まる美味しい一品。

関連商品